JRCを支える地方創生のプロたち

比留間 宣義 ■株式会社地方創生推進協同機構 執行役員

比留間 宣義(Nobuyoshi Hiruma)

略歴 財務改善(コスト削減)コンサルティングに明るく、圧倒的に経費を下げる「メニュー」を数多く持つ。初期コスト無し、または低コストで「確実」「短期間」で、コスト削減が実現するノウハウに長けている。

会社は顧客に価値を提供し、利益を上げ、雇用を作り、社会に貢献していくためには「存続」することが責務と断じる。コスト削減で、「守り」にも「攻め」にも強い企業となれるよう、支援している。

 

また、一般社団法人日本あんしん生活協会の顧問として、個人、法人、団体、行政などと協力・連携をしながら、安心・安全な生活を送る為の様々な権利や代理店権限などのプラットフォームの構築と、生活をよりよく過ごせるような知識普及のための啓もう活動を推進している。平時のときはもちろん、有事の際も安心して安全に生活できるようあらゆる面でサポートできるような協会づくりを行っている。

本事業における役割 ・当法人において、創業メンバーとして執行役員に就任。

・これまでの実績、功績から本事業における地域(町)で取り組む

「コストダウンノウハウ」の提供や「ふるさとに利益が還元される

循環型システム」の構築・開発・管理を行う。

・同時に、地域人材育成のための講師派遣業務を担う。